好き嫌いがある耳攻め

好き嫌いがある耳攻め

耳も性感帯の1つですが、女性にとっては流れの中で攻められる場所という感があります。

 

息をかけられるとビクッとなったりする敏感な部分ではありますが、好き嫌いが分かれます。
脇をコチョコチョされるのと同じ様に、感じる人と嫌な人が居ます。
耳で感じない女性を感じさせるには、攻め方のテクを身につけましょう。

 

好き嫌いがある耳攻め

 

息を吹きかけたり舐めたりする以外に、耳元でささやく方法もあります。
息をかけられたり舐められたりするのは嫌でも、男性の色っぽい声でささやかれると、耳も良いなと思ったりします。
特に少しSっ気のある言葉だと、女性はトロンととろけます。

 

耳は敏感なので、最初は外側から攻めます。
同じ様に穴があるので、膣だと考えるとイメージが湧きやすいでしょう。

 

耳の外側を手で触る時は、耳を挟む様に触れます。
親指と人差し指の横腹で耳たぶをこすったり、その流れで5本の指を揃えてうなじまでサーッと撫でます。
首筋まで攻められるので、耳から首と途切れず自然な流れで全身を攻められます。

 

舌では最初に背中側、次に顔側を舌先でなぞります。
舌先で耳たぶをのれんみたいに前後させるのも気持ち良いです。