KISSよりSEX

キスはセックスより大事?

キスはセックスにおいて欠かせないものです。
精神的に満たされ、キスで濡れるという女性も多いです。

 

 

セックス前のキスは女性を興奮させる役割を持っています。
セックスで女性が喜ぶのは、体だけではなく精神的にも満たされて安心している時です。
キスせずに胸を触るのと、キスの後に触るのとでは大きく感度が違います。

 

彼女にはするのに、遊びやプロの女性にはしない男性が多いですが、すごくもったいないです。
短い時間で女性を気持ち良くさせる1番簡単な方法は、キスで女性の心をセックスモードに切り替える事です。

 

セックスすると決める前からキスはしておきましょう。
セックスの為のキスだと女性は警戒するので、何もない時のキスが効果的です。

 

ただ、女性もキスは好きですが、あまり頻繁だとありがたみがなくなります。
キスからセックスに持ち込みたい時は、良い雰囲気の時だけキスをすれば女性の体も対応しやすくなります。

 

唇以外で女性が喜ぶのは頬と首筋です。
唇に近い頬は女性をドキドキさせる事が出来ますし、首筋も唇に近い上に隠れた性感帯です。
この2つにしてみてば間違いないでしょう。

 

頬へのキスは「可愛いね」など声をかけながらチュッとするか、違う方を向いている時に不意打ちでするかの2種類があります。
どちらも女性は喜びます。

 

やはりペニスが大きい方が喜ばせられますね。ゼファルリンが効果が高いと言われています。

キスのテクニックはセックスのテクニックより気軽です。

軽めのキスは触れるだけだし、ディープキスも舌を入れるだけと考えれば低いハードルでしょう。

 

軽いキスはバードキス、プレッシャーキス、スタンプキス、スライドキスなどがあります。
よく使うのはプレッシャーキスとスタンプキスです。

 

唇同士を合わせて少し止まるのがプレッシャーキス、唇を少し開いたまま軽く押し合うのがスタンプキスです。
おでこにチュッとするのがバードキスで、お互い唇を違う方向にスライドさせるのがスライドキスです。

 

セックスを前提としたキスは、ソフトキス以上ディープキス未満が適しています。
バードキス以外の3種類を使うといいですね。

 

ソフトキスは女性を喜ばせて気分を高めるものですが、ディープキスは逆です。
スキンシップより性的な意味合いが強く、心だけではなく体ごと気持ち良くさせられます。

 

ディープキスも種類がありますが、よく使うのはカクテルキスです。
唇を合わせて止まらず、離れてはくっつくを何度も繰り返します。

 

舌を入れるキスは興奮しますが、苦手な女性も多いです。
事前に大丈夫と分かってるなら入れてもいいですが、初めてなら親密になるまではカクテルキスで様子を見ましょう。

 

首を傾けてキスをし、離れたら微妙に首の角度を変えてまたキス。
これをスムーズにすれば自然なディープキスになります。

胸攻めで女性を喜ばせる

セックスにおいて、胸への認識は男女差があります。
男性は強く揉めば気持ち良いと思っていますが、実は揉まれても感じない女性が多いのです。

 

胸は性感帯の1つではありますが、乳房はただの脂肪のかたまり。
後ろから声をかけられる時に背中を軽く叩かれるのと同じぐらいの、小さな刺激しかないのです。

 

胸をソフトに包み、円を描く様にゆっくり愛撫すると女性は感じます。
胸で感じるのではなく、胸を触られている状況に感じるのです。
女性は雰囲気にのまれやすいので、胸を触られてるという雰囲気にのまれて濡れるのです。

 

胸に関しては、気持ち良くさせたり自分の欲求を満たす事は置いておきましょう。
雰囲気作りのアイテムと考えれば女性との認識の差が縮まります。

 

胸には乳房と乳首があります。
元々乳首はたくさんの神経が通っていて感度が高い上、開発しやすいです。
上半身のクリトリスと言えるかもしれません。

 

乳首を攻めればほぼ100%女性は反応しますが、胸の愛撫で肝心なのは焦らしです。
そもそもセックスの基本テク自体、早く触って欲しい部分をあえて触らない事です。

 

乳輪は乳首と同じ色ですが、感度は乳房と同じぐらいです。
指で触る時は乳首を中心に外側からなぞる様に攻め、乳輪までを何度も繰り返します。
舌だと周囲まで舐めるのが大変なので、乳輪を中心に円を描く様になぞります。

乳首は胸の中で1番感度が高いです。

 

しかし胸全体もですが、特に乳首は女性の体調によって感度に大きく差が出ます。
普段は気持ち良いのに、少しクリッとされただけですごく痛い日もあります。
セックスの度にソフトタッチから始めましょう。

 

 

親指で下から上へ少し角度を上げ、甘い喘ぎ声を出したら少し力を強くしてグルリと回転させます。
「痛くない?」と気遣うと「気持ち良い」「今日は痛い」と答えてくれるので、それによって力や触り方を調節して下さい。

 

「気持ち良い」という答えなら親指と人差し指で乳首をつまみ、AV機器のツマミを調節する様にキュッキュッと動かします。
ひねる過ぎると痛いので、時計回りなら12時から1時へ動かすぐらいの角度です。
右だけ、左だけ、両乳首など変化をつけると女性は喜びます。

 

乳首だけではなく、性感帯への攻め方は指と舌の2つがあります。
舌は指より短いので奥まで攻められませんが、ヌルヌルした唾液と表面のザラザラは指にはありません。
それに指は手を繋いだりセックス以外でも触れ合いますが、舌で触れられる事はめったにないので興奮します。

 

指と同様に乳輪から攻めます。
まずは固くした舌先で乳輪をなぞって焦らします。

 

乳輪攻めからの流れで、勃った乳首をレロレロ上下に弾きます。
女性は既にかなり興奮しているので、パクッと口に入れます。
ほとんどの女性は腰をクネクネしたりビクビクしたりします。

 

アメを転がす様に口の中で舌で上下左右に弾き、乳首をもっとビンビンにさせます。
これをプレイの合間にランダムに繰り返して応用します。

更新履歴